読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拙いわたしの拙いぶろぐ

駄目人間代表が適当に書いた小咄をまとめて載せたり、大好きな戦国夫婦について語るだけ

朝、誰よりはやく

創作SS

うちのメインキャラ、花と善四郎の軸話の冒頭だけ載せちゃいます。

このふたりはできるだけ「周りが応援したくなる、ほんわかカップル」になるよう心がけてます…が、なかなか難しい(^▽^;)

。゜⋆。゜⋆

あれは、そう遠くはない夏の日のことだった。
馬を走らせる善四郎の背に掴まって、拓けてくる景色に息を呑んだ花を待っていたのは初めて目にする海というもので、着いた浜辺に手を貸され降り立つ。
初めての浜辺は熱くて、けれど足に馴染む砂の感触がくすぐったくて、花は年甲斐もなくはしゃぎ声を上げた。
「善四郎さま、浜辺って柔らかいんですね」
「そうだね」
「波打ち際まで行きたいです」
「うん、行こう」
爛々とする花に相槌を打つ善四郎はいつになく優しく微笑んでいて、それに気づいた花は少しだけ口数を減らす。
「急に大人しくなって、どうしたんだい」
手を繋いで波打ち際を歩く中、そんな花をおかしく思ったらしい善四郎は首を傾げる。
「あ、えっと…。ち、違うんです」
「何が」
ふるふると胸元で手を振る花は、問い返してくる善四郎に観念して小さく口を開いた。
寄せては返す波の音が、ざわざわと煩い胸の音を掻き消す。
「…なぜ、でしょう。善四郎さまが、遠く感じてしまって」
「遠く」
確認するように復唱する善四郎へ、胸を押さえてこくりと頷く。
「善四郎さまは優しいです。それはいつも感じています。でも、時折その優しさが怖くなってしまうんです」
見つめてくる瞳の色が眩しさでわからなくなって、花は上手に息ができなくなる。
「これで最後なんじゃないかって、思ってしまうんです」
ぎゅっと締まったような痛みを左胸に感じた花が静かに零した息を、彼は知っただろうか。
今となってはもう、知る由もないけれど。
波の音は休むことも知らず、ひと時も止まずに二人の間を駆け抜ける。
繋ぐ手があたたかいことでしか、隣に善四郎がいることを確かめる術のない己が不甲斐なく感じて、花はその手に力を込める。
「最後じゃないなんて言えないけど、」
汗ばむ額が夏の太陽を嫌がるようで、光の先を仰ごうとした花を刹那、善四郎の唇が遮った。
「いつ最後が訪れるかなんて、僕にもわからないけど、でも」
覚束ない言葉とは対照的に、その性格をよく表しているように思える双眸は花を射抜いて離さない。
「僕はこれから永い永いときを、君と共にしたいといつだって思っているよ」
そのために一緒になったのだから。
善四郎は繋いだ手を挙げると、目を丸くしたままの花に笑い掛けて花の手の甲に口づけた。
その口づけの意味も理由も、今でもわからないけれど。
「やがてくるその日までは、そばにいようよ」
あなたの声が、私の中にまだ木霊しているのです。

。゜⋆。゜⋆

どうでもいいけど、この題名気に入ってるの!

ついのべ47

ついのべログ

シャギーニットが手触り抜群で幸せです(❁´˘`❁)

 

仕事を片付けるため屋敷中を歩き回るわたしの背を追い掛け、主は困ったような声色で謝罪を繰り返す。ごめん、悪かったよ、許して。その表情を見てもいないのに想像できて、少し嫌になる。ああもう、と身を翻したわたしに驚く主に、籠を放った手を広げる。許してほしいのなら、抱きしめて、キスをして。

 

優柔不断のあなたに、究極の質問をあげましょう。手に持つ長ねぎを天井に翳すわたしを、あなたが不思議そうに見る。「わたしのこと、どう思ってるんですか」でもそんなのお構い無しに、長ねぎを持ったままわたしは駆け込んだあなたの膝元で囁く。求むは好意だけ。さあ。「好き」か「大好き」で答えて。

 

さてはて、究極の愛の形とは。突然頭に湧いた哲学に、いつものように仕事を捌きつつも思考を凝らしていた。言語を与えられているから、言葉で示すが究極だろうか。それともやはり行動で示すが究極か。思考の世界へ旅立ち足取りが危うい己を咎める彼女を見ていれば、どうでもいいことと思ってしまった。

 

付かず離れず、たまに背を借り胸を借る。「俺のお姫様」ふざけた調子でいつも繰り返す言葉は、私を上の存在と見ていて且つ敬愛しているという意味で、恋とか愛では決してないのだと言われているようにも思う。否、きっとあいつ自身そう思おうとしているのだろう。この関係を越えてはいけない気がして。

 

恋というものは、子どもの頃に夢中になったRPGみたいだとふと思う。君を熱い視線で見つめるだけの日々はもう終わりにしたい、そう決意したそのときからストーリーは始まっていて、僕は君のさらさらした髪に腕を伸ばす。…なんて大胆な真似はまだ無理だけど。さあミッションだ、あの子を手に入れろ!

 

「お前と恋人同士だったら、良かったのに」そうしたらきっとずっと『楽』だった。お社という神聖な場所に寝転がって天井を掴みたがるお侍さんの戯けた言葉に、いくら温厚な私でも苛立ってその無防備な横腹に蹴りを入れる。痛え、ぶつくさ言う彼を一睨み、「甲斐性無し」。私の嫌味な声に彼は苦笑した。

 

顔を真っ赤に染めて逃げ出すように身を翻し走り去っていく彼女の背を見送りながら、頭を搔く。(冗談、って言いそびれたな)そう、冗談のつもりだった。だが己が冗談を言うなど滅多にないことで、だからこそ彼女は本気に捉えてしまったらしい。さてどうしようか、首を傾けた青年の耳は熱を持っていた。

 

ふわり、笑う。だけどそれは僕に向けられたものではなく、君は実った恋のお相手に囁く。「だいすき」声が聞こえるほど近くにはいないのに、君をずっと見てきた僕は唇の動きで読めてしまう。噫、呆れちゃって君に向かい溜め息を吐く。僕と結ばれないのなら君の存在意義など、僕の世界にないというのに。

 

僕は僕のままで、君は君のままで。そんなふうにずっと隣で生きていけたらさ、それはとっても幸せなことだよね。呟く僕に、繋いだ手を大袈裟に揺らし君は嬉しそうに笑う。童顔の君は笑うと更に幼く見えて、僕の庇護欲を掻き立てるのだと君は知らない。ありのままの私を愛し続けてね、囁く君に微笑んだ。

 

インに何着ようかな〜Oo。.(´-`)

ついのべ46

ついのべログ

ベビーパウダーをぱたぱた叩く朝と夜。

 

それは嘘だと聞いたって本音はいつも君の中から零れ出ていて、気づいてしまう僕の身を縛りつける。嘘をつくのが下手で本音を仕舞うのも下手な君を、それでも愛してしまうのは僕の弱さゆえか。今日もまた、嘘を紡ぐその口を塞ぐ、塞ぐ。内側で泣く君に気づいても、僕は身を縛る痛みに喘ぐしかできない。

 

君を支配するものなら、痛みさえ奪おうか。前髪を払って表れた額に手先でそっと触れる。白い額とは対照的に赤らんでいる頬から熱気が出ている気がするのは、決して風邪をこじらせたからだけではないのだろう。いつもは己を睨む目も今は熱に浮かされとろんとしていて、怠さに負け閉じた目蓋に口づけた。

 

「あなたが運命の人ならよかったのに」指先を弱々しく握る真白い手が、去る己を引き留めるように呟く。「…そうだな」返すべき言葉も見つからず、静かに頷く己に、彼女はどこか苦しそうに微笑む。「あなたのそういうところ、狡いわ」伝わっていた体温は僅かな温もりを指先に残したまま、離れていった。

 

君の傷すら肩代わりできたらと、二の腕の深い傷にそっと口づける。やめてくれと恥ずかしそうに抗議する君は顔を片手で覆っていて、けれど紅く染まった耳は見えている。傷は男の勲章だと、武士の名誉だと君は常日頃言うけれど、それでも私は君が一つでも傷を負って帰ってきたら、泣きそうになるんだよ。

 

男の人だというのにわたがしのような笑顔を浮かべるあなたは、まるで割れ物を扱うようにわたしに触れる。わたしの身を伝う指は絹のように滑らかで、わたしを見つめるその瞳は一見柔らかなようでいて、実は紅い熱が帯びている。嗚呼、身を焦がすほど愛すあなたに囚われたわたしは、やさしさの檻のなか。

 

肩口に顔を埋めた彼女がぐりぐりと頭を押し付けてくる。痛いと文句を言えば、彼女は機嫌を損ねた様子で更に強く押し付ける。こういうときは大抵、甘えるのが下手な彼女が甘えたいとき。頭に染み込んでいる感覚に従いよしよしと頭を撫でると、首元で彼女は一言、「したい」恥じらいが見える声で呟いた。

 

ずっと、それこそ母を取られたときからたったひとりきりだから、辛さなど、寂しさなど、そんな感情たちはもう忘れてしまった。そう思っていた。でも、それは錯覚なのだと彼女は陽だまりで振り返り微笑う。「感情のない人間なんて、きっと世界中どこを探してもいないよ」だって腐っても人間なんだもの。

 

遠く青い日、楠の並木道、射し込む陽に煌めく貴方、黒い襟詰と紺のセーラー。あの頃は色づいていたはずの、セピア色に染まる記憶を思い出す日は決まってアンニュイな気分で、ベッドの上に転がった私を猫が咎める。にゃあ、わかってるってば。言語の違う一人と一匹しかいない部屋もセピア色に染まった。

 

今すぐ会いたいよ、開けっ放しの窓、風で揺れるカーテンから覗く月に囁く声は自分でも驚くほどに不安定だった。どうやら人一倍弱いらしい私は、嫌なことがあったときに君に慰めてもらえない哀しさだけで、胸が切り裂けそうに痛んでしまう。強く、なりたいな。君に依存しないで生きてゆけるくらい、強く。

 

別に寂しくはなくて、だけど温もりを覚えたこの胸にはぽっかりと穴が空いているようで、この辺りが寒い。北風に吹かれ靡くスカートが、タイツを履いた脚を軽く晒す。風の音が私を嘲笑う声に聞こえるのは、被害妄想だろうか。ねえ、はやくこないと、ちっとも悲しくなんてないのに、泣いちゃいそうだよ。

 

今日も日課のフラフープします!

ついのべ45

ついのべログ

毎朝きなこ餅食べてます( ˙༥˙ )♡

 

薔薇のようにその美しさを主張するような子ではない、道端で控えめに咲くたんぽぽのような女の子。だけど一目見たときから俺の世界は君だけだった。目を細めて微笑む君に、頬が熱くなって視線を逸らす。「逸らしちゃ嫌」君は呟いて、俺の頬に触れる。伝わる君の冷たい温度が、更に頬に熱を帯びさせた。

 

地下鉄のホームで君を見た。三年ぶりの君はあの頃よりずっと綺麗になっていて、しゃんとしていた。人の波に遮られ、遠ざかっていく君は僕のことなど目にも入っていなくて、車両に乗り込む。これがきっと、僕らの運命というやつなのだろう。動き出した車窓から、目を見開いた君が見えたような気がした。

 

放課後の教室でふたり。日直の彼女は日誌を書き、俺は彼女の帰りを待つため本を読んでいた。窓から聞こえる部活生の声をBGMに流れる時間はいつもより穏やかで、夢をみているようにも思える。ふと目に付いた、ペンを握る右手が思ったよりも小さくて、なんとなしに触れれば、彼女は字を酷く歪ませた。

 

大事にしたいんだ。その誠実な想いは有難く受け取ろう。照れた笑顔の中に浮かぶ瞳は真剣で、花はその瞳を真っ直ぐ見つめ返す。知っている、彼が自分のことを何より想ってくれているのか。でも。花は彼の耳に唇を寄せる。今から言うことは、あなたにだけしか言わないこと。二人の内緒。「わたしはね、」

 

怖くないと言ったら嘘になるけど、決して恐怖を感じるわけではない。耳朶に触れる彼の指先がやけに冷たくて、頬が震える。「あつい」呟いてにやりと笑う彼はいつもと何ら変わった様子がないのが、腹立たしくも思える。だけど、細まった瞳が微かに揺れているのに気づいてしまい、私は静かに目を閉じた。

 

抱きしめたら消えてしまいそう。つい零れた無意識に君は瞬くと、けれども直ぐに表情を和ませる。「ふふ」口元に袖口を当てて微笑う君を前にどうにもむずがゆくなって、ぽりぽりと頬を掻く。「消えませんよ」そんな僕の両手を、君の手と言葉は温かく包み込む。「花はいつまでもあなたのお側におります」

 

挙動不審。夫に悶々とする私に義兄の正室が笑ったのはつい先日のことで、その原因である夫は能面のような顔で白米を咀嚼している。何とか打ち解けられないかと頭を悩ませて暫く、未だ夫の表情が崩れたところを見たことがない。私を見るその双眸も心がないようで、噫もう!(何考えてるのかわからない)

 

とびっきり優しくて、ちょっぴり頼りない。川辺を歩くあなたの横顔をちらりと盗み見る。人生は山あり谷あり、全てが上手くいくなんてことはなくて、でも今私があなたの隣に居られるのは奇跡のようなもので。差し伸べられた手を取って、私はにっこりと微笑うのだ。これからもよろしくお願いします、と。

 

何があろうとありのままを受け止める君。小さな物差しで人を測ることがない君。人の善し悪しは、人間が測れるものではないと語った君。どんな君も愛しくて、そんな君だから僕は幸せにしたいと願うんだ。僕の願いなど知らず、君は今日も君らしく、僕の側で生きている。でも、それでいいんだと思うんだ。

 

「もうつかれた」君を傷つけると知りながら吐き捨てた言葉は空を舞って、二人の元から去っていく。今にも泣き出しそうな顔で黙り込む君の感情を測ることすらもう僕にはできなくて、体の側面で揺れる手を背に隠す。そうでもしなければ、終わりにすると決めた華奢なその体を抱き寄せてしまいそうだった。

 

他のアレンジでも食べてみようかな〜

この人あんまり詳しくないから許して

創作SS

おはようございます。

今日は羽州の狐・最上義光の小話をお送りします。

即席ですので悪しからず。

………………

お駒、おお、お駒。

命より大事とした愛しい娘を卑しい老獪によって奪われた妻の、嗚咽混じりの泣き声が耳から離れない。

世の情に絶望し自ら命を絶った妻の、流した血の匂いが今もまだ鼻から抜けない。

「申し上げます」

風のように現れた透破が、些か焦燥を浮かべ述べた。

まだ九月とはいえ、この東北は肌寒い。

「石田治部率いる敵軍、関ヶ原の地にて徳川内府さまに敗れたり」

嗚呼、やっとか。

待ち望んでいた報せを受け、義光はそっと目蓋を閉じる。

あの忘れもしない地獄の日から五年。

やっと娘の、妻の無念が晴らされる。

「父上さま」

止むを得ず京の地に出すことになった姫は生まれ育った羽州を発つ前夜、己の無念と別れを惜しむ義光の手を取った。

父を捉える双眸は、思っていたよりも毅然としている。

「心配なさいますな。駒は最上のことを一番に考え、必ず父上のお役に立ってみせます」

凛とした口調でそう言い切った姫がいつにも増して美しく、そして心強く思え、易々と関白の元へ行かせてしまった己の不甲斐無さを許すことは、きっと死を迎え生まれ変わったとしてもできないだろう。

「お屋形さま」

慌てた家臣の声に現世へ戻された意識が、戦独特の空気で澄んでいく。

「敵軍が退いている様子」

やはり己は、腐っても乱世を生きた武士なのだ。

愛する娘と妻を立て続けに喪ったひとりの男は震え上がる闘志を野放しに立ち上がると、腹の底から声を上げた。

「怯むな」

「我等は羽州の名家、最上家ぞ」

娘よ、妻よ。

義光は采配を振るう。

これが儂が出来る唯一の、そなたらへの弔いじゃ。

家臣の制止を振り切り自ら先頭に立って敵に追いすがった義光はその日、兜に被弾しながらも果敢に戦ったと、現代まで語り継がれている。