読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拙いわたしの拙いぶろぐ

駄目人間代表が適当に書いた小咄をまとめて載せたり、大好きな戦国夫婦について語るだけ

ついのべ52

ついのべログ

いつもはあまりお米は食べないのですが、五目ごはんが美味しくて、いつもの倍は食べました(๑>؂<๑)

 

どうしてかな、何よりも大切だと思っていたはずなのに。悲しみの色をした瞳で僕を見つめる君に、物哀しげに微笑んだ。「思い出せないんだ、君のこと」僕のその一言は君にとってきっとどんな爆弾より熾烈で、君の瞼に深い哀愁がこもる。「仕様がないです」無理して笑う姿を見るのが、痛くて仕様がない。

 

赤白黄色。色とりどりの花が咲く野を小走りで駆ける君の、くるくる変わる表情を見ていた。幼子のように無邪気な君がどうにも愛しくて思わず笑みを零せば、それに気づいた君は言う。「貴方の笑顔が大好き」「だからね、あなたの笑顔を見ると、貴方と出逢えて良かったと思うの」それはこっちの台詞だよ。

 

名は体を表すというけれど、それを誰より体現しているのはきっとあの子の他にはない。そう思えるほどにあの子は愛らしく咲き誇っていた。私の名を紡ぐあの子に向けるべきは微笑みただ一つで、隣で呆れている人にはわからないだろうけど、と本音を零す。「あの子の幸せ、それが私の幸せでもあるんです」

 

天邪鬼、あいつは私をそう言うけれど、あいつだって負けず劣らず天邪鬼だと思う。潮風に吹かれた身体をぐんと伸ばし、待つあいつの元へ足を向ける。迎えたあいつは涙の跡が残る私に手ぬぐいを差し出す。素直に有難うすら言い合えない私達だからたぶんきっと。(好き、だなんて一生言えないのでしょう)

 

忙しい合間を縫って見舞ってくれる貴方が、私の手を包む両手があたたかくて、どうしようもなく泣きたくなる。きっともう少しで、私はこの温もりを忘れてしまう。哀しむ貴方を置いていってしまう。だから最期に嘘をつくの。「私のこと、忘れていいんですよ」ねえ気づいて。本当は、忘れないでほしいの。

 

噫、これがほんに最期の最後だというのなら、泣き虫な君に贈る言葉は一つしかないと君の濡れた頬に手を伸ばす。指先で触れた先の瞳は幼きあの頃と変わらぬ色をしていて、海のようだと思う。波を立てる瞳よ、どうか君の名のように凪いでくれ。頬を撫ず手に泣く君へ、一度しか言わないよ。「幸せだった」

 

「この人生で、おまえに逢えて良かった」なんてそんな台詞は、奥方に言いなよね。最後まで何も出来なかった私には、勿体ない言葉。縛られることを何より嫌った私が家に囚われることを選んでそのまま月日は経って、去る背を追いかけることはもう既に許されない。だけど最後に一つだけ。「好きだったよ」

 

誓った日のことを、今でもはっきりと憶えている。陽の光が注ぐガラス張りの教会で、美しく輝いていた君の姿も。「僕に愛することを教えてくれて、ありがとう」触れ合う手と手、違う温度、甲を弾く雫。泣きながら笑う君はあの日と同じくらい綺麗で、きっとすぐに訪れるその時を思い、胸が苦しくなった。

 

哀しみの象徴が止まらない私を見兼ねて、彼は溜息を零す。でもその溜息すら聞けなくなる未来がそう遠くはないのだと気づいて、私はまた溢れる。「泣かないでくれ、笑ってくれ。最後のお願いだから」指の腹で私を拭って彼が言う。最後なんて言わないでとは言えず、彼が望む通りにきゅっと口角を上げた。

 

最後にするわ。もう二度と此処にはこない。決して強くはない私の決心を、貴方は笑うかしら。幼い頃からの癖、貴方に寄りかかってしまう、そう貴方を喪った今も尚。故に独りでも立っていられるようになるべきと思ったの。北風が吹き、鈴を鳴らす。嗚呼、そんな訳ないでしょう。「私は貴方を、忘れない」

 

寒くて凍えそうです(>_<)

ついのべ51

ついのべログ

花粉症が辛い時期になりました(ゝ_ξ) 

 

あの子を守りたい、それだけだった。だけど神様はそんな小さな願いすら許してはくれないようで、この身体はみるみる弱り果てていく。床から起き上がることさえままならない今の僕を見たら、あの子はどんな表情をするだろう。情けなさに支配された部屋の扉を開いたあの子が、腫らした目で僕を見つめた。

 

絶対なんて、大嫌い。夜も明けきらぬ頃、吐き捨てるように呟いた音が世界に溶けていく。『絶対におまえの元に帰ってくるよ』私の頭を撫でてそう言ったあいつは、この夜が明けて今日もまた人々の営みが始まっても、此処に帰ってはこない。「嘘をついたあんたも大っ嫌い」だから、泣いてなんてやらない。

 

あなたの姿を見つける、覚束無い足取りでそれでも駆ける、その大きな背に抱きつく、やっと掌中にした温もりを抱きしめる、抱きしめる。(待ってた、ずっと)音にはできなかったけれど、あなたの背に水溜りを作ってしまったけど、あなたは全てわかっていると言うように振り向いて微笑う、私を胸に抱く。

 

もしもの話、でも想像でもしないと心がもたない話。もし貴女を手に入れられたなら。貴女が私だけを見てくれるのなら。そうしたら私は、きっとずっと笑顔でいられる。今の何十倍も笑って過ごせる。「だけどそれは有り得もしないただの夢」身を刺すだけの意味しか持たぬ呟きは、安易に風が攫っていった。

 

置いていかないで。独りにしないで。背後で流すその涙を拭えなくてごめんね。今となってはもう、謝ることも許されないけれど。歩む道は険しくて、君を連れてはいけないと時が経っても同じ結論に達する。「君には幸せになってほしいんだ」あの日の選択が間違いではなかったと思える時を僕は待っている。

 

ちょっとしたことで胸が痛んで、頭を悩ませて、ちょっぴり涙して。好きになると弱くなるね。でもね、貴方の憎めないその笑顔を見ると、好きになったほうが負けって言葉を理解しちゃうんだ。ふいに掴んだシャツは天使の羽みたいに真っ白で、目が眩む。どうしたのと振り向く貴方に、何か言えただろうか。

 

少しの間、耳を貸してよ。何か企んでるでしょ、訝しげに俺を見る君にいいからと催促。まだ疑っている君はそれでも此方に耳を差し出してくれて、耳朶がふっくらした左耳に唇を寄せる。いいかい、一度しか聞かないよ。一言一句逃さないでおくれよ。君にしか聞こえないよう、囁く。俺のことどう思ってる?

 

嗚呼、闇にさらわれたかのよう。身も心も世界すら真っ黒になって、君の気持ちはおろか、君の表情さえ見えない。手を伸ばす、けれど伸ばしても伸ばしても君には届かない。ねえ、と声が君に聞こえているかわからないけれど。君から私が見えているのなら、どうかどうか、この手を掴んではくれないですか。

 

「あなたが護りたいと願ったものは、本当にそんなものだったんですか」ぎらりと輝くカラスのような双眸が、彼女の言葉に揺れ惑うようにも見えた。両拳をぎゅっと握り締めるだけしかできずにいる僕の隣で、彼女は彼に立ち向かう。「いい加減目を覚ましてください」凛とした声が僕らの世界に響き渡った。

 

風に震えながら螺旋階段を登る。私に何ができるのか、それはまだわからないけれど、皆が私の力が必要だと言ってくれるのだ。出来る限り協力したいと、ひたすらに登る。交わす言葉もない中、ふと足を止めた。「風が、止んだ」呟いて、気づく。噫、役目を終えたのね。ふいに伸ばした手は、何も掴めない。

 

薬貰いにいかなきゃ…

ついのべ50

ついのべログ

ついに50の大台ヾ(●´∇`●)ノ

 

嗚呼、嫌になるほど手に取るように分かってしまう。彼女が何を恐れているのかも、何に怯えているのかも、心の奥底に潜めた本当の気持ちも。抱き締めた身体は思っていたよりずっと華奢で頼りなく、嫌だとやめてと零す声も弱々しい。「やめない」君が僕を拒んでも、気持ちを認めるまでは絶対に離さない。

 

「お前と一緒がいい」坂道の先、叫ぶ声に目を瞠る。待ってよ、そんな素振り一度だってなかったじゃない。思い続けるのも疲れてしまって、諦めてしまおうと思った矢先に、なんでそんなこと言っちゃうの。あれ、おかしいな。呟く中も、世界が滲む。そうね、あんたがこの涙に気づくのなら考えてもいいわ。

 

まるで一生の別れみたいに、泣き出しそうな顔はやめて。これでお終い、なんて勝手に終わりにしてしまわないで。「怒ってる」怒ってるよ。でも正直に言ったって、あなたはごめんとただ呟くのでしょう。「怒ってなんてないよ」でも、「さようなら」なんて言わないでよ。そうじゃなくて、またね、でしょ?

 

少し時間をくれないかな。貴方は難しい顔してそう言うけど、果たしてそれは考えたらわかることなの?眉間に皺を作って貴方を見つめる私を、貴方は困ったふうに撫でる。「僕は君ほど単純じゃないんだ」なんて失礼じゃない?でもそんな貴方も好きだって思ってしまうのだから、多分猶予もあげちゃうのだ。

 

その手を取ることすら憚られて、伸ばしかけた手を握り締める。恐れることなど何もないさ、彼はそう笑うけれど、私には幾つも恐れることがある。私は貴方が思っているほど強くなんてないのよ、呟く私の引っ込めかけた手を奪って、彼は言うのだ。「今更だな」お前が弱いことくらい、昔から知っていたよ。

 

ずっと見てきた。お前が知る由もない夜明けから、ずっと。戦場に響く銃声に心が震え上がる。酷い形相で己を睨む彼女はどこかほっとした様子で息を零し、殺すなら殺せばいいと吐き捨てる。噫、お前はこの時を待ちわびていたのか。俺に殺されることを望んでいたのか。酷い女、呟きは喧騒に掻き消された。

 

変わらない状況に、一途で純粋な君の気持ちに甘んじていた罰が当たったのだろうか。恐らく望まずして政に巻き込まれてしまった君は、目を覚ます様子を見せない。手のひらでそっと触れた頬は冷たく、赤らんだそれを忘れてしまいそうだ。風に吹かれ窓が大きく揺れる。まるで僕の心のようだと息を殺した。

 

「あなたの画が百点だって言うなら、私はそれを百二十点にする自信、あるので」さも当然のように言い放った彼女に、流石の己も目を丸くした。呑んだ息は、はっと零した音と共に空中へ戻ってきた。どうにも可笑しくなって口元に弧を描けば、怪訝そうに己を見遣る彼女に宣戦布告。「面白い。やってみろ」

 

愛などとうの昔に忘れてしまった。彼女は川に石を投げ入れ、か細い声でそう呟いた。見える横顔は悲哀など少しも浮かんでおらず、ただあまりに色が無い。「だからといって不便なことはないんだけど」喋らない私を見兼ね付け加える彼女の首に腕を回し、その耳元で囁こう。「それなら私が百人分、愛すわ」

 

隠してきたこと。心の奥底に潜めていたこと。天地が変わるその日が来るまで、誰にも話してはならないと固く言いつけられていた。「神父さま」人の気配すらない教会で一人、亡き養父を呼ぶ。「今が、神父さまの仰った『そのとき』なんですね」返ってくるわけではないが応えを待つ暇もなく、扉が開いた。

 

雨の日は体調悪くなるけど、嫌いじゃない。

ついのべ49

ついのべログ

久々にお犬さまと触れ合って癒されました(*๓´˘`๓)

 

数年振りの母の姿を目にした瞬間、世界が真っ黒に染まったようにも思えた。あの頃小さな世界でいい子ねと頭を撫でてくれた母はもう跡形もなく、子を喪った悲しみに打ちひしがれ、私を見る目も言葉を失うほどに虚ろだった。肩に触れる兄の手が震え、振り向いた先には見たこともない真っ青な顔が、私を。

 

よく知らないのです。呟く彼女に首を傾げた。「あいつのことです」「あいつは私のことをよく知っています、でも私はあいつのことを知っているようで、実はよく知らない」悔しげに下唇を噛む姿におやめなさいと諭し、されども気持ちは解ると微笑む。「知りたいのなら知ればいい、それだけのことですよ」

 

何度も、何度も繰り返した。この命に変えても救おうと、もがいた。その悲哀だけ奪い去って、彼女を助けようと奔った。噫、でも吾はどうやら彼女の運命ではなかったようで、血を流す彼女を涙ながらに抱きしめる、それを何度も繰り返すだけ。絶望すら覚えて次の世、彼女と吾の前には一筋の光が射し込む。

 

失ったものを惜しむことなど生きてきて二十年、一度たりともなかった。執着がないといえばそれまでだが、去るものを追いはしない、対象を尊重するそんな自分の性分が嫌いではなかった。だけど、だけども。ここ数年の高度成長で昔程見えなくなった星を数える。「ばいばい」星空の下、笑った彼女だけは。

 

答えはもう出てると、僕の胸を指差す君はやけに綺麗に笑う。「どうしてわかるんだい」「わかりますよ、だってずっとずっと見てきたんだもの」指先をくるくると回して「魔法をかけましょう」、君が言うから僕は呆れて首を傾げる。だけど君は少しも弱りはせず、囁くのだ。「貴方が私に素直になる魔法を」

 

林檎を咀嚼する。シャクシャクと気持ち良い音が響き、それに気づいた君が小さな手を僕に伸ばす。「ちょーらい」まだまだ辿々しい言葉は僕を虜にするには十分で、ママには内緒だよと林檎を手渡す。うさぎ林檎にした甲斐があった。君は「うしゃぎしゃん」とはしゃいで食べる様子をなかなか見せなかった。

 

蜜柑の皮を乾燥させたものをネットに入れて湯船に浮かべる。今では多くの種類の入浴剤が出ているから、こんな古風なことをするのはうちくらいなものだろう。肩まで浸かる湯船に立ち込める香りは亡き祖母を思い起こし、懐古が私を巡る。おばあちゃん。「ええ子ね」もう一度だけでいいから、私を撫でて。

 

冷凍ブルーベリーを盛った皿を目の前に置かれ、思わず瞬いた。「え…なに」訝しく見ると、彼は平然と「ブルーベリー」と応える。いや見りゃわかるけど。狼狽える私を余所に彼はブルーベリーを摘む、食べる。私泣いてたんだけど!恨めしく睨めば彼は「お前の男を見る目が良くなるようにだよ」と宣った。

 

何かを手に入れることで、何かを失うことが怖くて仕方がなかった。だから差し伸べられた手は跳ね除け、彼の想いも拒んだ。私は自分の想いを押し殺してでも、失いたくないものがある。失くしたくはないものがある。それが紛い物の平穏となるとしても。揺れる視界で捉えた彼の顔が、酷く悲しそうだった。

 

初めての恋は甘くて、だけど少し苦くて幾つもの涙を流した。でも、幸か不幸か泣きたいとき側にはいつもあいつがいてくれたから、散った初恋に別れを告げられた。「どうして私、あんな奴相手に苦しくなるの」初恋の比でなく痛む胸を押さえ、最後に見たあいつを憶う。私はあいつのあんな表情、知らない。

 

いつか犬か猫飼いたいな~

ついのべ48

ついのべログ

色々悩んでますҨ(´-ω-`)

 

「隠れても無駄だよ」掴まれる腕、捕らわれるこの身、揺れる心。耳元で囁く声が吹き込む風のように脳内を麻痺させる。拒むな、足掻くな、思いのままに。最後の警鐘とばかりにびりびりと全身を駆け巡る名前も知らない感覚に、私はもう抗うことすらできず、小刻みに震える手のひらはあなたの背に触れた。

 

僕と君は未来永劫、結ばれないと分かっているよ。嫌になるほど蒼い空は高くて、いくらこの腕を伸ばそうと届かない。だけど、届きやしないと諦めてしまえば物語はそこで終了、ゲームオーバーだ。そんなの、堪ったもんじゃない。ひとつ深呼吸した僕は伸ばした先の指先で、君の笑顔みたいな太陽を掴んだ。

 

身体に刻まれる愛を今直ぐ捨て去ってしまいたいと深く息を吐いた。重い身体は起こすだけでも怠くて、想いとやらごと脱ぎ去る。気まぐれに開けたカーテンは眠る君を隠し、そうして私はやっとうまく呼吸ができるようになるのだ。君の寝息だけが響く部屋に、薄汚れた私はこれ以上居ることができなかった。

 

ソーダ水へダイブ、しゅわりと身を包む炭酸は時折チクチクして、固く閉じた目蓋を開くことを躊躇う。それでもわかるのは水中にも射し込む陽の光の温かさと、私を追って飛び込んだ、君の躊躇いのなさ。だからかな、息ができなくても苦しくはない。身を抱く温もりに安堵した私は、静かに息の音を止めた。

 

不気味なほどに閑かだった。月の灯りと貴方の手の温もりしか頼れるものはなくて、導かれるように暗がりを進む。風に靡く木々に思わず驚いた私を、貴方は笑う。けれど私に膨れる暇も与えず、貴方は離した手を振り、それから。(いかないで、いやだ、いかないで)その拒否は、声にできていたのだろうか。

 

君の本当の気持ち。きっと一生をかけても分からないこと。空を彷徨う手を嘲笑うように君はひらりスカートを翻し、誰にも気づかれないよう上手に心を隠す。悲しくなるほどにっこりと微笑む君の髪を結うリボンを、音も立てず解く。突然のことに驚く君も、このリボンのように簡単に解けられたらいいのに。

 

うまく言えないけれど、兎に角嫌ではなかった。まるで縋るように抱きしめられて、背を抓ろうと回した手をどうしたことか撫でるために使ってしまったのは、この男の身体が目を瞠るほどに冷えきっていたからで、息の音すら聞こえぬ世界で広いようで細い背を撫でる。大丈夫、どんなあんたも嫌じゃないよ。

 

新色の紅も甘い菓子も心が踊るけれど、それよりずっと心弾むのは、あの方の笑顔と言葉たち。「というのは、秘密ね」内緒、と口元に人差し指を立てる上司にたえは頷くと、その仕草を真似する。ふふふと微笑う憧れが幸せそうなのは恋をしているからなのだとすれば、恋とはなんとすてきなものなのだろう。

 

どうかどうか、この方に平穏を。あまり神仏を信じる質でないのだけど、憧れの人の弱さを目の当たりにした今、何でもいいから頼りたいと思うのは虫がよすぎるだろうか。悲しみをひた隠し気丈に振る舞う姿は、彼女に対して初めて持つ『痛々しい』という感情で、私は祈る他何も出来ずただ側に立っている。

 

子どもながらに人前で涙を流すことを恥じみ、乳母も置いて独り海辺まで駆けていった。悔しい、悔しい、悔しい。母上を悪く言うな、そう口に出すことさえ出来ぬことが悔しい。溢れる涙は塩っぱく、海の味がする。大好きな海で流す涙は大好きな海の味なのに、抱えきれぬ気持ちが辛くて、海の色が滲んだ。

 

だから、クオリティが落ちてるのは許してね(>人<;)